帯広調理師専門学校入学案内資料請求(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)
オープンキャンパス 道内各地(帯広,札幌,釧路,旭川,北見,函館)からのご参加お待ちしております
募集要項
高校生の方
社会人の方
保護者の方
求人情報
社会人学費サポート
個別相談会
学生サポート
ル・カルフール
帯広学園グループ
フォトギャラリー
帯広調理師専門学校携帯向けホームページ

帯広調理師専門学校卒業生からのメッセージ

帯広調理師専門学校OB/OGメッセージ

帯広調理師専門学校卒業生の西谷 幸貴さんの写真

料理だけではなく夢に向かって努力し続ける

私は昔から兄弟たちに料理を作っていました。兄弟に「美味しかった」や「また作って」などと言われて私は嬉しくてよく作ってあげました。私が調理師になろうと意識したのは高2の頃です。どこに行くか迷っているときにこの帯調のオープンキャンパスに来て、私も調理師になって美味しい料理を作りたいと思い入学しました。今では校外実習でお世話になった鶏の伊藤さんに就職を決めて着実に夢に向かって頑張っています。

鶏の伊藤勤務 西谷 幸貴さん

帯広調理師専門学校卒業生矢木 ほのかさんの写真

志を高く持つ調理師になり自分の夢を叶えたい

私がこの学校に入学を決めた理由は、高校生の頃に父と食事で訪れていたホテル日航ノースランド帯広の丹頂のお料理を食べ、自分もこのホテルで働きたいと思ったのがきっかけでした。そう思ってからは夢を実現するため帯調に入学し、入学してからは働きたいところに就職することを目標に努力しました。
この学校は一年間という短い期間でしっかり学べる学校ですが、自分の気持ち次第で大きく変わってくると思います。目標を持ち精一杯頑張ることで調理技術や知識をより多く吸収でき大きく成長することが可能です。
嬉しいことに私はJRホテルズに就職が決まり、私はずっと目標にしていた自分の夢が叶いました。そして私はこの一年間のうちに「腕のある和食の板前になりたい」という新たな夢を持つことが出来たので、また夢を叶えるために頑張っていきたいです。

ホテル日航ノースランド勤務 矢木 ほのかさん

帯広調理師専門学校卒業生の小松 悠人さんの写真

誇りを持って料理を作りたい

私が調理師になりたいと思ったきっかけは、小学生の頃から母と一緒に料理を作っていてそれがとても楽しく職業にしたいと思いました。高校生の時に授業の一環として肉まんや小龍包を作ったりしていました。私の高校の先生方はとても厳しく、とてもつらい思いもしましたが、それでも料理をするのが楽しく、帯調への入学を決めました。
帯調へ入学してからも楽しいこともありましたが、辛いことの方が多く苦労しました。私は不器用で頭の回転も悪く決して優秀な生徒ではありませんでしたが、時間があるときは実技テストの練習をするために居残りをしていました。卒業料理コンクールの時は、学校から皿を借りて家でも練習をしていました。また、アルバイト先でも店長に中国料理はもちろんの事それ以外の料理や歴史なども教えてもらいました。そして目標としていた就職先に無事決まりました。学校やアルバイト先の店長から色々と教えてもらったことを忘れず誇りを持って料理を作っていきたいと思います。

菜香勤務 小松 悠人さん

帯広調理師専門学校卒業生の加藤 里歩さんの写真

料理を通して喜びや笑顔を見ることのできる嬉しさ

私は、帯広調理師専門学校に入学する前から、柳月のトスカチーナ店の厨房で働きたいと思っていました。学校の先生方のおかげで、夏の校外実習で5日間トスカチーナの厨房で働くことができました。嬉しい気持ちと同時に夢のような時間でした。そこでアルバイトとして雇って頂き、憧れていたところで働くことが出来ました。
私は入学した時から声に出して言っていました。思っているだけでは何も始まらないと思います。掴めそうなチャンスも手の届かないものになってしまうと思います。この学校は、1年間。始まるとすぐ終わってしまうくらい毎日が忙しいです。そんな中でも、自分のやりたいことは、声に出すと夢が叶います。まじめに実習・授業を受けた結果、実技テストでは、2つのメダルをもらうことができました。充実した一年間でした。

トスカチーナ勤務 加藤 里歩さんの写真

帯広調理師専門学校卒業生の和田 みゆきさんの写真

多くの「笑顔」を作れるような調理師になりたい

私がこの道を選んだのは二つあります。一つ目は、昔から料理を作るのが好きで、自分の作った料理を「美味しい」と言って喜んで食べてもらえることが嬉しかったからです。二つ目は、学校の行事である校外実習というものがきっかけでした。色んな校外自習先がある中で私は、自分がやりたいと思っていた集団調理が出来る病院を選びました。毎日、毎日、食べる人数の入れ替わりが激しかったり、患者さんの体調によっては、常食から減塩食や貧血食であったりと、気を使うことがありました。ですが、大量調理で大変だからと言って雑にやるのではなく、刻み、調理、盛り付け、そして配膳に至るまでの一つ一つの工程を効率よく丁寧にやり、食べてくれる人が少しでも笑顔になれるように、そして「ここのご飯は美味しいね」と思ってもらえるように頑張りたいと思います。

慶愛病院勤務 和田 みゆきさんの写真

悩んでいるあなたも興味があるあなたも夢に向かってますは参加して体験しよう!(帯広・札幌・函館・釧路)各地からオープンキャンバスのご参加お待ちしております。

カリキュラムや授業内容がよくわかるパンフレットの請求はこちらから(帯広・札幌・函館・釧路)各地からのお問い合わせをお待ちしております。帯広調理師専門ガッコウのキャンパスライフを見てみよう!

帯広調理師専門学校連絡先

トップページに戻る